言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 社長たるもの

<<   作成日時 : 2005/08/05 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安全月間になるともちろん「安全第一」の号令が下る。
製品のクレームが来ると、品質第一で頑張れと命令が下る。
とにかく何でも「第一」の命令が好きな社長は多い。
だが、「第二」がなく、「第一」ばかりあるということは、
本当の第一がない、ということを表してはいないだろうか。

先頃亡くなった「宅急便」の育て親である小倉昌男氏の言葉。
さらには次のようにもおっしゃっている。

何でも「第一」の社長は「戦術的レベル」。
うちの会社の現状では何が第一で、何が第二、
とはっきり指示できる社長は、「戦略的レベル」の社長である。


社長が目の前の問題ばかりをわいわい騒いでいる会社では、
レベルが知れるというものだ。
そんなのは担当者だけで良い。
それよりも遠くまで目を凝らして悠然と時代を捉え、
ロジカルに物事を進めていくことこそ、
進歩する組織の牽引者に相応しい。

たまにはこういう先人のお話もいいものだ。


小倉昌男 経営学
小倉昌男 経営学

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
社長たるもの 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる