言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 人を残すことこそ大事

<<   作成日時 : 2005/10/20 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

カネを残すのは下、
事業を残すのは中、
人を残すのが上。


読売グループの祖 正力松太郎氏の言葉。

これ以上必要の無いくらい、
「腑に落ちる」言葉。

少子高齢化に対する不安が
巷にささやかれているが、
裏を返せば、
それだけ一人一人の存在意義が
大きくなってくるということだ。
こういう時代に生きられることを
少しは誇らしく嬉しく思ってもいいのではないか。

後を頼める人間を残してあげられるよう、
微力を尽くそうと思った。



正力松太郎―悪戦苦闘 (人間の記録 (86))
日本図書センター
正力 松太郎
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトルにひかれて読ませていただきました。
父方の祖父(父が高校生のとき他界)を偲んで、
叔父がどなたかにもらっていた色紙か何かで、
子供の頃読んだ一文だったので。
「金を残すは下なり」に始まり、絵つきで
書いてありました。
正力さんて方のお言葉だったのですね。
一つ賢くなりました。
みーこ
2005/10/20 14:14
ありがとうございます。
とってもインパクトのある言葉ですよね。
これからもよろしくお願いいたします。
言の葉ブログ
2005/10/20 21:57
これからも読ませていただきます。
みーこ
2005/10/20 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
人を残すことこそ大事 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる