言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰がために君は生きるか

<<   作成日時 : 2005/12/29 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

他人のために暮らすのはもうたくさんだ
せめてこのわずかな余生を
みずからのために生きようではないか


フランスの哲学者 ミシェル・ド・モンテーニュの言葉。

日本の人口がついにマイナスに振れだしたという。
いろいろ騒いでいるけれど・・・

いいんではないの、減っても。

人が減ることは困るという感覚の元は、
結局は
自分の先の生活を誰かに支えてもらわないと
成り立たないのではないかという
漠然たる不安だけに拘っていることに
あるのではないか。

それは先の言葉と裏腹の関係で、
意識するにしろ無意識であるにしろ、
誰かのためにしてあげたことに対して、
心の底で見返りを期待しているのではないか。

誰かのために生きているように感じているから、
いずれ何かが返ってくるだろうと思ってしまう。

最初から自分のために生きればよい。
あてにならないどこかの誰かを信じるよりも。

たとえ寿命が長くなっても
昔の証文をねちねちと手に持って生きるのでは
楽しくないだろう。

人が減る社会は、
一人一人の重要性が増す時代。

自分を大事に生きましょう。


自分を見失いがちな世界でグラつかない生き方を選ぶ本―ほんとうに大事なことにイエスと言う
自分を見失いがちな世界でグラつかない生き方を選ぶ本―ほんとうに大事なことにイエスと言う

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰がために君は生きるか 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる