言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 真に偉大な人

<<   作成日時 : 2006/03/28 09:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

もっとも偉大な人々は、
人に知られることなく死んでいった。
人々が知るブッダやキリストは、
第二流の英雄なのだ。


ノーベル文学賞作家、ロマン・ロランの言葉。

手塚治虫氏の「ブラックジャック」に、
『六等星』という話がある。

ちょっと長いがかいつまんで説明させていただく。
(コミックを参考。テレビ版とは若干異なる)
---
ある事故現場に出くわしたブラックジャックが、
けが人に手際よく痛み止めを注射した医師に驚嘆する。
どこぞの大病院の名医かと思って問えば、
某病院の中での補佐的な立場の一医師だと。

「そんなばかな」。

某病院では折しも院長選挙のまっただ中、
買収、脅しなどの陰謀の中で、
かの医師は自分の意志での投票を貫こうとする。
実はこの医師は実力的には院長候補なのだが、
無欲で清廉な男なのだった。
やがて不法選挙が発覚し、
院長候補の2人は逮捕。
某病院は空白状態に陥る。

さて、
町は花火祭り。
ブラックジャックもピノコと見物へ。
そこで爆発事故が発生。
火傷を負った重症患者が某病院に運ばれる。

ブラックジャック宅に手術の依頼が入る。
そこでブラックジャックは一計を案じる。
依頼を断って、
「あの医師に任せてみてはどうか」と提案して
電話を切るのだ。

そして・・・
病院職員はその医師の真の実力をみて、
「院長に相応しいのは誰か」を知ることになるのだ。

ブラックジャックのセリフに、こうある。
『見える星は一等星から六等星まで分けてある。
 一等星はあのでかい星だ。
 六等星はほとんど目に見えないくらいかすかな星のことだ。
 だけど
 ちっちゃな星に見えるけどあれは遠くにあるからだよ。
 じっさいは
 一等星よりももっと何十倍も大きな星かもしれないんだ。
 世の中には
 六等星みたいに栄(は)えない人間がいくらでもいる。』

---

もちろん、
ハッピーエンドに終わらないことが多いだろうが、
必ずこういう話は静かに受け継がれていくものだ。

あなたの周りにも、
きっとそういった静かなる人が
日々粛々と他の人のために生きているはずである。


ブラック・ジャック VOL.3
ブラック・ジャック VOL.3 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
怒涛のような人生の荒波を越え、にこにこ話すお婆ちゃん・・あなたこそ英雄、後光が射してました。
又三郎
2006/03/29 20:16
「俺が俺が」ではなくて、「私なんてとても・・・」とへりくだる美徳。皆、何処に忘れてしまったのでしょうか。でもわかる人にはわかるのです。
言の葉ブログ
2006/03/29 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
真に偉大な人 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる