言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 技術者魂をゆさぶる話

<<   作成日時 : 2006/07/14 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もちろん私も0.4 mmは未知の世界です。
難しいのは間違いない。
しかし、なんのためらいもなく、私は言っていました。
「もちろん、できます」と。
(Apple computer社の)役員の喜びようは今も覚えています。

私は思っていました。
3割の成功確率があれば、絶対にやってみせる、と。


(株)東陽理化学研究所の社長 本合邦彦氏の言葉。
5000万台ヒット『iPod』鏡面外装を生み出した本合邦彦より)

この話は、
初めての金属チタン製のノートPC、
Apple PowerBook G4 titaniumの筐体の製造を
Apple社の役員(ジョナサン・アイブ氏)から依頼されたときに
発した言葉だという。

なんと男気のある、
潔い言葉だろうか。

この後に、
わずか一週間で試作品をつくり、
Apple社員を驚愕させた話が続く。

そして
これをきっかけにして
Apple社はこの会社を
大事なパートナーとし、
共に画期的なデザインを
次々に実現していくことになる。

フラットパネル型iMacの
本体とディスプレイ部との可動型のジョイント部。
そして、あのiPodの美しい鏡面仕上げ。

「美しさ」を何より大事にする会社と、
それを「かたち」に出来る会社との
見事なコラボレーションだ。

技術者へのいちばんの報酬は
「やりがいのある仕事」
である。

「他の誰でもなく、
 あなたしかできない仕事なんだ、
 頼むよ」
という言葉に、
技術者の心はゆさぶられ、
技術の粋を尽くそうとする。

そういった想いのやりとりを
技術者もそうでない人も
忘れつつあるのではないだろうか。

人を金で動かすな。
心で動いてもらおう。

金で無理矢理働こうと思うな。
魂で働こう。


技術屋たちの熱き闘い―組織の壁、開発の試練を突き破れ
技術屋たちの熱き闘い―組織の壁、開発の試練を突き破れ (日経ビジネス人文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
技術者魂をゆさぶる話 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる