言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主主義の基本

<<   作成日時 : 2006/10/20 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

国家の価値は、
結局それを構成する個人個人の価値である。


イギリスの政治家 ジョン・スチュアート・ミルの言葉。

2006年秋、
安部晋三内閣になってから、
極東のきな臭い話題が続く。

これまで平和を謳歌し、
経済至上で突き進んで来た日本にとって、
ややこしい答えのない問いへの
終わりの無い模索の日が続く。

一方で、
本来尊敬されるべき人たちの
軽蔑すべき所業が報道される。

「いじめ」じゃなくて
「プレッシャー」だったって?


飲酒撲滅決議の提案者が
酒気帯び運転で摘発だって?


馬鹿言うなってんだ。

しかし・・・
胸に手を当てて考えてみる。

我々は
本当に民主主義の責任を負うべき、
国民主権の意味をわかっているのか。

結局は、
支えるべき国家を貶めているのは、
我々自身だと言うことに
気がついているのか。

甚だ恥ずかしいことには、
日本という国は
「民主主義」を
過去について何の反省もなく、
戦勝国からありがたく戴いただけの
国であったことだ。

その場を収めればそれでいい。
面従腹背、それが処世術。

だが、
ごまかしももう限界だ。

何も反省のなかった前世代が
黙って冥界に去っていく中で
何も教えられなかった世代が
今、戸惑っている。

あれだけ賛美された
「民主主義」って
一体何だったんですかね。

それは本当に
人類が最終的に得た
最適のしくみなのだろうか。

答えは、
風の中だ。

もし全ての責任を無限希釈して
結果的に無責任な世の中になるなら
これほど情けないことはない。

ああ、ばかばかしい。


この国の恥ずかしい人々―政官財民 一億無責任社会の病弊を抉る
この国の恥ずかしい人々―政官財民 一億無責任社会の病弊を抉る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いじめは他人事ではありません。今の民主主義には子供から信頼される大人や社会を造るシステムが何か欠落している様な気がします。
http://www.nhk.or.jp/kktv-rb/bbsc/ijime/5/page001.html

大人や親自身がもっと悩まなくてはと尽々思います。

又三郎
2006/10/22 12:10
NHKの掲示板を見てみましたが、いたたまれない気持ちがします。親に心配かけたくなくて相談できない。先生に相談しても逆ギレ(!!)された。先生が公にしたことで余計いじめがひどくなった。・・・簡単には解決できないことですが、「いじめた側」の視点が出てこないのは不思議。もしかすると「いじめた」という意識がないのでは? そう思えば問題の根は深い。いじめている側に自分の醜さを気づかせること・・・それが本質なのですが。
言の葉ブログ
2006/10/22 13:39
国家の価値は個人の価値・・。今の日本は世界からどういう風に見られているんでしょうか?
KAZUYA
2006/10/23 21:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主主義の基本 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる