言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 沈香も焚かず屁もひらず

<<   作成日時 : 2006/11/16 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

どんな過ちも犯さない人は
常に何事も為さない人である


アメリカの弁護士・外交官 フェルプスの言葉。

余裕のない世の中に
なりつつある。
ちょっとでも間違いを犯すと
よってたかって叩かれる
不寛容な時代。

出る杭はたたく。
規格外はたたく。
ちょっとでも少数派になれば
例外なく負け組だ。

正しいも間違ってるも
全く関係なく。

生き残るのは、
可能な限り多数に埋もれ、
一度も冒険をしなかった者だけ。

敵が1人もいないということは、
強く憎まれることはないが、
逆に言えば、
深く愛されることもない。

空気のような存在。
そうなら無害かもしれないが、
あの一酸化炭素だって無味無臭。
ヒ素を含む猛毒のトファナ水も
無色無臭の液体だ。

他になんの影響も与えないのなら、
現代の人間としては無駄な存在以下ではないか。

そんな人間だけが生き残り、
やがてトップに立った組織こそ、
いい迷惑だ。

リスクをとったことがない人間は
独善に走りやがて暴走するだろう。
そしてそれを止めることは
本人にも出来ないのだ。
失敗して悔やんだことも、
何かをあきらめるかどうか悩んだことも
ないのだから。

第一、
一度も間違ったことがない人なんて
なんの魅力もない。

もし完全無欠の人間がいるなら、
別だが。

まずそんなことはないしね・・・

失敗談が共感を受けるのは、
人間は失敗する情けない存在だから。
失敗するからこそ学ぶことが出来る。
それが出来る人こそ
語るに足る人なんだ。

イチローだって、
10回に6回以上は凡打するんだから。


失敗を生かす仕事術
失敗を生かす仕事術 (講談社現代新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。自分の意見を言うのは勇気のいることです。それが少数意見なら尚更。
この多数決主義って良し悪しですね。
KAZUYA
2006/11/17 22:42
こんにちは。
国会の様子を見ると、日本人は本当に「議論」というものが下手なんだと感じます。反対意見には端から耳を貸さず、好き嫌いで色分けがなされ、最後は「えいや」で採決してしまう。ある意味、強烈なゼロヒャクのデジタル国家です。均一(単一ではない)民族の幻想からまだ抜けださないままで、多様な未来社会に対応できるのかどうか大いに不安です。
言の葉ブログ
2006/11/18 16:14
酒と山頭火→おかえり.jp→言の葉ブログと巡って来ました。

「寛容」であること。自分とは違うものの存在を認めること。
どうして難しいのでしょう、、
それを認めてしまうと、自分が否定される(と感じてしまう)から、、?

ちょうど山頭火の俳句に感銘を受けていたところでした。

『蜘蛛は網張る 私は私を肯定する』

いろいろ迷いながらも、それでも自分を肯定しながら生きていく。
強くないと出来ないことなのかもしれません。
mejiro
2006/11/19 19:03
コメント文を考えるのに集中してたら挨拶が抜けました(汗)
すみません、はじめまして、です。^^
mejiro
2006/11/19 19:07
挨拶は気にしなくても結構ですよ。縁側で日向ぼっこしているところに立ち寄ったような気軽な感じでコメントしてください。
言の葉ブログ
2006/11/20 15:47
日々・・公私共々余裕の無さ、息苦しさを実感です。時折、言の葉さんの処でほっとしたりはっとしたりできることに感謝です。
又三郎
2006/11/20 20:21
皆様の言葉に励まされて感謝感謝であります。
言の葉ブログ
2006/11/21 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
沈香も焚かず屁もひらず 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる