言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 国権の最高機関のはずなのに

<<   作成日時 : 2006/12/01 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

議長席から見ていると、
新聞を読む人、
議場内に大きなバッグを持ち込む人、
携帯電話を使用する人らが目に付く。
適切なマナーで臨んでほしい。


衆議院議長 河野洋平氏の言葉。
(時事ドットコム記事本会議場ではマナー守って=河野衆院議長が再び苦言より)

なにをか言わんや、である。
情けなく、怒りを通り越して力が抜ける。

なんでも、
「議事中は新聞紙や書籍を読んではいけない」と定める
衆院規則215条というのが既にあるらしい。

わざわざ規則をつくるようなことか。

思い出してみれば、
たまに国会中継を見ていたら、
どう見ても
集中して会議に参画しているとは思えない方々を
目にすることがあった。

隣や前後の議員と私語をしている人。
(議事が進行している途中なのだから私語であろう)
歩き回って何やら相談している人。
船を漕いで夢の世界に遊ぶ人。
そういえば雑誌か新聞を読んでいる人もいたような。

あんなこと、
普通の会社や学校で、会議や授業中にしていたら、
まず注意されるか叱られますよね。

国会にいる皆さんは、
何か我々とは違う会議の仕方でも
知っているのでしょうか。

まともに聴いていなくても
賛成や反対の判断が出来るなんて。

ただでさえ
政治不信がささやかれている中で、
自ら顔に泥を塗らなくても。

あなた方を選んだ我々が
なんとも惨めに感じてしまう。

なんのためにその場にいらっしゃるのか、
本当にわかっているのだろうか。

せめて、
テレビ中継される時くらいは
神妙で真剣な態度をみせて欲しいけれど。

叶わぬことなのだろうか。

議員が着席せずになかなか開会できない状況もある。
着席して審議に参加するのが本分だ。


学校の学級崩壊を論じる前に
国会が崩壊しているのでは。

教育再生会議に注目が集まっているが、
その前に、やることがあるのではないか。


呆れる議員特権 信じたくないホントの話
呆れる議員特権 信じたくないホントの話

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このような先生方の、事が自己の既得権益に関わった時のあの豹変振り・・・開いた口が塞がりません。
又三郎
2006/12/07 19:04
東京赤坂の先生方の議員宿舎は家賃が9万円になるとか。民間ならば相場は70万円。そりゃ選挙のことばかり年がら年中考えていらっしゃるもの宜なるかな。嘆かわしい。
言の葉ブログ
2006/12/07 19:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
国権の最高機関のはずなのに 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる