言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「雑用」という用事はない

<<   作成日時 : 2006/12/06 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この世に「雑用」という用はありません。
私たちが用を雑にした時に、
雑用が生まれます。


ノートルダム清心学園理事長 渡辺和子氏の言葉。

ちょっとした手間でも
惜しむようになった。

いわゆる「雑用」をすすんでやる人も
少なくなってきているのではないだろうか。

成果主義だかなんだか知らないが、
余計な知恵が付いてしまって、
自分の評価につながる仕事以外は
何にもしない世の中になっていくのか。

「It's NOT my job(そんなの俺の仕事じゃない)」
こういうようなことを
よく聞くようになったような気がする。

そのために
ちょっとしたすき間仕事が疎かにされて
「本来の」お仕事が滞ることもあるのに。

例えば、
「共有プリンタや複写機のトナー交換」
「粘着テープやステープラーなどの消耗品の補充」
「休憩場所のゴミ捨て」
「ホワイトボードの出の悪いマジックの交換」
なども、
「誰かがやるだろう」と
「誰もが思っている」ゆえに
「誰もやらない」。

そして、
大事なプレゼンの前に
「おーい! トナーが切れているじゃないか!」と
大騒ぎしていれば世話はない。

その時になって、
仕方なく自分で手配をすることになり、
貴重な準備時間を失うことになる。

もちろんその時も
周りの人は「知らんぷり」。
「It's your job」だから。

そうなると
何かの異常に気づいても
自分の仕事を増やしたくないので、
知らんぷりをする空気が蔓延する。

「本業」にさえもだ。

そして
いつか大きなトラブルが発生し、
大きな代償を払うことになるわけだ。
「本来の仕事」まで失うこともあるだろう。

皆が自分の領域を狭めるのではなく、
少々重なりのあるくらいが
丁度いいのではないだろうか。

「雑用」などと言わず、
「本業補完業務」だと思って、
自分の手間を少しはかけてやる
度量をもちたい。

「ちょっとした仕事」でさえ出来ないようじゃ
大したことも出来るわけがないんだから。

ただしくれぐれも、
すぐの見返りは求めないこと。

陰徳あれば陽報あり」と
いうではありませんか。

すごい遠回りだけど
いつかきっと
自分に返ってきます。


できる人は凡事徹底―小さなことを積み重ねてこそ成功できる
できる人は凡事徹底―小さなことを積み重ねてこそ成功できる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「雑用」という用事はない 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる