言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 確実に来る未来への覚悟

<<   作成日時 : 2007/02/09 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

「(女性は)産む機械って言っては申し訳ないが、
 その産む役目の人が一人頭でがんばってもらうしかない」
「若い人たちは、子どもを2人以上持ちたいという
 極めて健全な状況にいる」
(柳沢伯夫 厚生労働大臣の発言より)

「東京は生産性が高いと言われるが、
 子どもの生産性が最も低い」
(民主党 菅直人代表代行の発言より)


言の葉ブログとしても
看過するわけにもいかないので、
触れさせていただく。

いずれの発言そのものはもとより、
それへの他の政治家の発言も含めて、
見苦しく無責任に思えてならない。

政治家ほど
言葉を大事にしなければならない職業は
ないと思う。

自分の思いや考えを訴えて国民の代表に立ち、
皆の意見を汲み上げ、
やるべきことは例え国民が好まない事でも
できるだけの言葉で納得させようと努める。

そういったプロセスを真摯にやってこそ、
政治家なのではないだろうか。

手間はかかるが
その手間を惜しんでは民主主義は成り立たない。

私的な思いつきや
自分でもまとまっていない考えを
うっかり言葉にして責められている時点で
資質がないことを露呈していることこそ
猛省していただきたい。

もし少子高齢化の問題の重要性を
心から国民に訴えかけたいならば、
下の図を繰り返しテレビに映してはどうだろうか。
2050年の日本の人口ピラミッドである・・・
関西電力サイトの資料より)

画像


このピラミッドから、例えば

・戦争という愚策およびそれを長引かせたことに因る
 戦後の子作りパニック(敢えて過激な表現をとった)の
 百年を越える期間での影響の大きさ

・次の世代の団塊ジュニアまでは保てたものの
 その次の世代には子育て志向が途絶えた
 社会的な先延ばしと無為無策の思考停止

・医療や保険の発展に伴う長寿命化と
 長生きした人々へのセーフネット欠乏とのアンバランス

・労働人口の不足による公的および民間サービスの
 質量両方での将来的な衰弱

などが見えてくるではないか。

いかな対策をとろうとも、
この人口ピラミッドは
確実に来る未来の社会の姿である。

お金や産業という問題だけではなく
国も山河も保てなくなる恐れがあるのだ。

そういう社会に生きていくことを
覚悟しておかなければならない。

これが、何よりも第一に
政治家が国民に対して
真剣に伝えねばならないことではないか。


人口ピラミッドがひっくり返るとき―高齢化社会の経済新ルール
人口ピラミッドがひっくり返るとき―高齢化社会の経済新ルール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
素敵な赤ちゃんを受け取るために♪
生活に関する無料レポートです。赤ちゃんが欲しい!!でも、赤ちゃんっていざ作ろう!ってなるとなかなか出来なかったりするんですよね^^;まずは基本を知ってから取り組んでみましょう♪ ...続きを見る
日常生活から恋愛・結婚まで。無料のお得情...
2007/02/09 14:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今後もし出生率の伸びが有った場合、
その度合いに応じたシュミレーションには変化があるのでしょうか?
欧州の某国はかなり多様な情報開示(社会保障制度含む)等でかなり少子化に歯止めが出来たと聞きましたが・・
しかし、日夜働く女房殿は『日本は実質的に男尊女卑社会、おまけにいじめ問題など考えたら子供を生む気になれんよ〜。男は分かってないね〜!』
私『ハイハイ、おっしゃる通りで・・』(笑
又三郎
2007/02/09 19:55
今回は悲観的に走ってしまったかもしれません。小生も反省です。極端な少子化現象は、男尊女卑も含めて同質性が行きすぎた国民性も影響しているかもしれません。多様化を許容することで問題が解決する可能性があるのかも・・・
言の葉ブログ
2007/02/10 08:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
確実に来る未来への覚悟 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる