言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局は一人

<<   作成日時 : 2007/02/22 13:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

人間元来
一人で生まれて一人で死んでいくのである。
大勢の中に混じっていたからって
孤独になるのは、わかりきったことだ。


小説家 田山花袋の言葉。

インターネットや携帯電話のおかげで
見えないネットワークが
人と人の間に出来たかに見える。

しかし、それだからといって
人同士の付き合いは
そんなに広くかつ深まったのだろうか。

コミュニケーションが気軽になった分、
伝えようとすることは希薄になったのではないか。

かつて自分にも
一通の手紙に、一本の電話に
「一体どうやってこのことをあの人に伝えよう」と
悩み考えた時があった。

手紙も電話も、
直接その人にすぐ伝わるとは限らない。
どうしても他の人を介してしまうことの
なんともいえないもどかしさ。
決心までの躊躇(ちゅうちょ)。

ましてや、
届いたとしても、
それが戻ってくるまでの
例えようもなく永く感じられる時間。

そこでは、
一つ一つの言葉のやり取りが
とても貴重でかけがえのないものだった。

だから
文字や言葉で繋がった瞬間の喜びが
もっともっと大きかった。

会えたときの時間を
ずっとずっと大切にした。

無線という見えない糸で
いつでもつながっているように見えていても、
充実感のないコミュニケーションは
やはり空虚なのではないだろうか。

携帯番号やメールアドレスを
いくつコレクションしようとも
例えひっきりなしのメールが
PCに飛び込んできたとしても、
そこにいるのはあなた一人でしかない。

想いが無限希釈されるような
コミュニケーションの海の中で、
気づかないだろうか。

そう、
結局は「一人ぼっち」なのだと。


百年の孤独
百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
全く同感です。想いが無限に希釈されるのは、行動に対する結果(結論)が瞬時に出てしまう(分かってしまう)からです。結果が果たしてどうなるのかを、あれこれ創造したり、思案したり、ひたすら待つ、という時間を持つことで、人とのコミュニケーションを濃密なものに仕上げてきたのでは。少しピントがはずれたかな・・・。
空元気
2007/02/22 20:26
空元気さん、的を外してはいませんよ。瞬時即応は仕事という範疇であれば相応しいものですが、日常的には野暮なものではないでしょうか。時間が解決することも多々ありますし。
言の葉ブログ
2007/02/22 22:44
確かに・・長年連れ添った最愛の女房殿がいても感じます。この本来の孤独を知っていることが、より有意義な関係を築く入り口でしょうか?
これは別の意味ですが、『先に行ってるから・・皆んな、ありがとう』との父親の最後の言葉に、魂の故郷での再会?を密かに想ったりしています。ある種の妄想癖有り(笑
又三郎
2007/02/23 20:14
又三郎さん、小生もまだ年数は浅いですが妻に同様のことを感じています。思っていても口に出せないことがあったり、自分の気持ちをわかってもらえない苛立ちもあったり。結局は孤独を意識しながらどう生きていこうかと試行錯誤すること自体が人生なのでしょう。お父様ともきっといつかどこかで会えると思います・・・
言の葉ブログ
2007/02/23 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
結局は一人 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる