言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 内藤大助、いい男

<<   作成日時 : 2007/10/14 11:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自愛、自識、自制、
この三者だけが
人生を導いて高貴な力に至らしめるものである


イギリスの詩人 アルフレッド・テニソンの言葉。

WBC世界フライ級王者の内藤大助氏に
心から捧げたい。

10月11日の初防衛戦は、
相手側の反則行為もあって荒れた試合になった。
(観戦記としてはなべやかん氏ブログが詳しい)

その中で最後まで
ボクサーとしての自分を、タイトルを守った。
興奮おさまらぬ中で
相手の力を認める発言をも敢えて放った。

その後のマスコミでの発言でも、
自分の誇りを守り、
自分の分をわきまえ、
自分の感情を抑制した振る舞いが清々しい。

こんなにいい男が今の日本にいたとは。

いじめられた悔しさから始めたボクシング。
王者ポンサクレックに2度敗れて、
スポンサーもつかない苦境で退路を断ち
やっと3度目に王座を手にした男。

逆境が人間を育てるとは
こういうことをいうのだろう。

亀田大毅が負けた原因は、
実力差もさることながら、
人間的な大きさの差、
自分の人生を自分自身で切り開いてきたタフさに
負けたのではないか。

考えてみれば、
この防衛戦は、
相撲部屋でベテランが若手に胸を貸すように、
戦うことで内藤氏は亀田陣営に
何かを伝えたかったのではないかと思えてくる。

「ボクシングは
 戦ってみなければわからないから」と
内藤氏は語っているが、
この防衛戦の結果は
事前から明らかだったのではないだろうか。

自分も相手もわかってない未熟者は
いくら周りが歪んだ根回しを仕掛けようとも
戦場では勝てるわけがないのだ。

それにしても。

内藤氏を一生の伴侶と決め
これまでついてきた奥様にも
頭が下がる。
(この方も人柄がにじみ出た
 とってもよい顔をしている)

奥さん、あなたは
本当に素晴らしい人を選びましたね。

最後にもう一度。
内藤大助さん、
初防衛おめでとうございました。

あなたは真に立派なチャンピョンです。


荒野の歌―平成ボクサー列伝
荒野の歌―平成ボクサー列伝

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内藤大助、いい男 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる