言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 孤独は街の中に

<<   作成日時 : 2007/12/17 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

孤独は山になく、街にある。
一人の人間にあるのではなく、
大勢の人間の”間”にある。


哲学者 三木清の言葉。

かつて俳人の尾崎放哉
「咳をしてもひとり」と詠った。
自ら孤独を選び、それに
どこか納得している人間がいた。

時は流れて現代。

都会の雑踏の中で
咳き込み倒れこんだとして
一体何人が注意を払ってくれるだろう。

皆が自分のことだけに精一杯で
他人を思う余裕もない。

見返りのない無償の愛を
どこかケチってしまう今の我々。

クリスマスだ正月だと
浮かれて騒ぐ人々の傍らで、
ネットカフェで夜をしのぐ者がいる。
ワンルームの一室で膝を抱える人がいる。

周りが賑やかになればなるほど、
孤独の闇は深く冷たく
人の心を閉ざしてゆく。

それを見て見ぬふりをする人ばかりが
増えてゆく。

見たいものばかり見て
したいことばかりして
食べたいものだけ食べて
寝たいだけ寝る。

楽しいことだけの人生は
それと同じ時間の誰かの哀しみを
どこかに生んでいることを
忘れてはいけない。

光と陰は紙一重。
プラスとマイナスでゼロのこの世界。

いつか自分がマイナスに振れる時、
堪える覚悟は持っているか。

そんなことを
長い夜に自問してみる。

孤独は街の中にこそある。
人と人との”間”にある。

人生なんて淋しいものだ。
それを知ってからの人生こそ
本当の人生です。


寺山修司名言集―身捨つるほどの祖国はありや
寺山修司名言集―身捨つるほどの祖国はありや

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
夕方暫く街の雑踏に居ましたが、
人は所詮一人であるとの思いを
強くしました。
若いとき感じた寂しさとは
又違ったものを感じています。
(辻風)又三郎
2007/12/24 20:03
今朝の報道で、100歳の父を看護していた70歳の娘の無理心中のニュースがありましたが・・・老老介護の不幸な行き先の一つでありましょう。つくづく人間の”すき間”の無情さを感じるこの頃です。
言の葉ブログ
2007/12/25 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
孤独は街の中に 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる