言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS たまには背伸びを

<<   作成日時 : 2008/01/10 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

背伸びして視野をひろげているうち、
背が伸びてしまうこともあり得る。
それが人生の面白さである。


小説家 城山三郎の言葉。

新年は株の下落から始まった。

米国のサブプライムローン問題の影響も
大きいと思われるが、
日本の場合、構造的な不況局面に
まさに移行しつつあるのかもしれない。

こうなってしまった根本原因は、
何より、世界の金が投入されるだけの魅力に
あまりにも乏し過ぎるということではないか。

中国が好調なので相対的に沈んで見えるのではない。
絶対的にも地盤沈下しているのが今の日本だ。

原油高のせいで、灯油が高騰して
暖が満足にとれなくなったせいでもないだろうが、
社会全体が沈滞し、皆が縮こまっている。

小麦もビールもチョコレートも
何から何まで値上げラッシュで
華々しく飛んでいくのは銭ばかり。
萎んでいく財布や銀行口座が哀れだ。

ああ、辛気くさい話ばかりで
いやになる。

政治的にも経済的にも
近視眼的な舵取りばかりされるおかげで、
目の前の細々したことばかり見ているうちに、
どんどん視野自体が狭くなった。
遠くが見えなくなってしまった。

自分の出来ることばかりやりたがる。
出来たら出来たで
見てよ見てよの大合唱。
狭い井戸の底で、自己満足する蛙たち。
鏡さえ見ようとしない。

こういうときにこそ、
背伸びをしてみよう。
目を見開いて周りを見渡そう。

行ったことのなかった地へ行ってみよう。
読んだことのなかった本を読んでみよう。
考えたことのなかったことを考えてみよう。

手足を広げて、もっといろいろな国や
宇宙や深海などのフロンティアを
目指してみよう。

そう早く思えた者が
次の時代の先頭を走れるのではないか。
よしんば先頭にならないまでも、
ペースに遅れずついていくことは出来るだろう。
止まっていては取り残されるだけだ。

国のあり方もそう。

世界は
欧米や中国、インドだけで
成り立っているわけではない。
欧米型の民主主義が
究極の理想的な政治形態でもない。

先生や子分ばかり見つけようとしないで、
友人をもっとつくるようにしよう。

強くなくても金持ちでなくても
尊敬される国を目指そう。

まずは思うことだけでも
始めてみたい。


粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 (文春文庫)
粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 (文春文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たまには背伸びを 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる