言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ちゃんと考えてみる「-25%」…「住空間」の構造改革をしよう

<<   作成日時 : 2009/10/11 11:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

はじめは人が習慣を作り、
それから習慣が人を作る


イギリスの詩人、ジョン・ドライデンの言葉。

鳩山総理が国連でも表明した
温室効果ガス「1990年比マイナス25%」について
アイデア提起になるようなエントリーを
今後定期的にしてみようと思う。

今回は「住空間」の見直しについて。

といっても億ションや邸宅ではなく、
都会やその近郊に中流家庭が住むような
マンションやアパートなどの集合住宅である。

これらにおいて、
ディファクトスタンダードとなっている間取りは、
一軒家の全要素を幕の内弁当のように詰め込んだ
「団地」のそれである。

ただ、これが日本の究極の集合住宅の間取りでは
必ずしもないと思う。

「団地」とは、
高度成長期の地方から都市への急激な人口移動と、
それでも一国一城の主になりたいという亭主族と
それを支える専業主婦とその子供たちといった
核家族化の時流といった前提条件の上に
急ごしらえされた住空間なのである。

この一度出来上がった「団地型間取り」は
その効率的な土地活用が図れる経済性もあって、
瞬く間に広がり、それは習慣として定着した。

しかし、もうこれは現代の我々には合わない。

家の機能が、癒しの空間の要素が求められる割には、
落ち着けてリラックス出来る空間がほとんどない。
夫婦共働きや子供の塾通いや独居老人増の中で
食事の用意と片付けといった台所回りの家事が
非効率化し重荷になりつつある。

まず結論だけ言えば、こうだ。

「風呂」と「キッチン」を間取りから追い出し共用とする。
個人宅にはシャワー室と簡単な流し台だけ残せばいい。
(洗濯スペースをランドリーで共有するかどうかは保留)

これらがなくなった分、寝室や居間、書斎などが主になり、
休息や趣味、仕事(在宅勤務を想定)の空間としての家になる。
スペースの余裕はその分耐震、防犯や防音等に配慮すれば良い。

共同設備となる風呂は、24時間入浴可能。
銭湯のような大浴場と、広めの家族風呂の2パターン。
後者は時間予約出来るようにすれば、
親子の背中流しっこや夫婦水入らずの入浴も簡単だ。
何よりもゆったりとした湯船が手に入る。
経費は管理費から大部分賄うことにする。

共同キッチンの方は、
自炊というよりは、家庭料理専門のカフェエリアにする。
営業時間は早朝5時から昼、夕方〜夜中1時くらい。
ここではベテランのかつての主婦だったおばあちゃんや
食堂店主だったおじいちゃんの格好な働き場所になるだろう。
もちろん、ちょっとした軽食も売っているといい。

あくまで家庭の食べ飽きないお惣菜を中心にする。
自家製のぬか漬けや梅干しやピクルスなんてあったら楽しい。

共同スペースで食べても、
トレイで自分の部屋に持っていってもよし。
ただ生ゴミ関係は共同キッチンにまとめるようにする。

料理の腕を振るいたい人には、調理場を時間借りして、
材料などを持ち込んで料理することが出来るようにする。

風呂を中心とした水周りの温度管理、メンテナンス、
そして炊事・団欒空間とその生ゴミ等の廃棄物管理の
あまりキツくない緩めのコミュニティの共有。

これは個々の家庭によるバラバラな光熱費や食費、
上下水道費、廃棄物処理費の管理よりも
はるかに効率的であるはずだ。
それに家庭でもだいぶ持ち物が減るのではないか。

ここまで読んで
「ビジネスホテルで一生暮らすみたいだ」と思った方、
所詮、我々は百年弱くらい地球に仮住まいする身。
そういう風に発想を変えてみればいいじゃないですか・・・

ここでは集合住宅を例にしたが、
地域単位コミュニティでの風呂とキッチンの共有もあり。
そう、銭湯と大衆食堂街の復活だ。

以上、「-25%」達成への一手段として、
「住空間」の構造改革を提案する。

もちろんこれまでの住空間の習慣を断ち切るには、
住宅供給側も国民側も一部の努力だけでは困難だろう。
そこでここは、政府にも一肌脱いでもらおうじゃないか。

「消費者庁」をもっと発展させ膨らませた「生活省」を
新しい国民生活をデザインする機関としてつくり、
そこでこれからの住居デザインのガイドラインを策定する。
そして建築士やデザイナーなどに競わせ、
モデル集合住宅を多少は費用を援助して提供していくのだ。
従来の建物のリフォームを促進させる政策も打ち出す。

新しいビジネスアイデアも生まれるかもしれない。

どうだろうか。
まず器を変えて皆の意識を変えていく。
これが小生の「住空間」の構造改革提案である。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちゃんと考えてみる「-25%」…「住空間」の構造改革をしよう 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる