言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 千の忠告よりも行動を

<<   作成日時 : 2009/11/29 16:16   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

心に残るのは、
千の忠告より一つの行為だ。


ノルウェーの作家、ヘンリック・イプセンの言葉。

国としては初めて行われた、
「事業仕分け」という作業。
連日連夜中継され報道されて、
今年の流行語大賞候補にもなりそうだ。

ほとんど官僚の自作自演だった
この国の予算の使い道について、
国民が初めて目にし耳にしたことは、
ある意味の「革命」ではなかったか。

今まで国民は税金をとられるばかりで、
使い方にほとんど口を挟めなかったことは、
民主主義以前におかしな状況であった。
本来予算をチェックするべき政府や政治家も
一体今まで何をしていたのかと思うばかりである。

それにしても、この「事業仕分け」に対して、
終始批判的な立場をとっていた評論家や政治家も
ずいぶんといらっしゃったようで・・・

時間が足りないだの、態度が横柄だの、人民裁判だの
国の予算がこんな形で切り分けられていいのか、だの
よくもまああちこちいろんなところをつまみ上げて、
問題点ばかり挙げるものだと感心してしまった。

これほどの批判的精神があるのなら、
なぜ今までこの国の金の使い方に
もっと疑問を差し挟まなかったのか。
何らかの行動を起こさなかったのか。

声を挙げても大きく取り上げてくれなかったとか、
国民が関心を持たなかったとか、
逃げ口上はやめてもらいたいものだ。
あなた方には大きな声はあったが、
それに伴う行動が全く出来なかったのだから。

行為を伴わない千の忠告は、
誰の心にも届くわけがないのである。

だからそんな忠告を何万と言ったとしても、
予定調和の中の儀式的トークなのだから、
権力者もあぐらをかいて笑っているばかりだったのだ。

いや、もっと深刻な構図がある。
そもそもそれらが「忠告」たり得るものだったか・・・

どうやらこの政権交代後の動きの中で、
ただ政府だけが交代しても、
日本社会の根幹が変わらないことも
国民の皆が気づき始めている。

マスコミも大企業も、
幾多の識者や評論家も、
またかつての自民党政治の枠組みに戻ることを
強く期待しているのはどうやら間違いなく、
そのためには批判のための批判であろうと、
とにかく民主党政権のやることなすことを、
けなし腐すための大キャンペーンを
行っているようにしかみえないのだ。

だから、今こそ
中傷まがいの忠告の毒を吐く輩ではなく、
誠実に国民の意思を推し量って行動を起こす人が
求められるのだ。

今の疲弊した日本を
ダメだダメだと自己批判ばかりするのは
容易いし、国民受けもするかもしれない。

しかし、こういう中でも
真摯な忠告を発し続け、それだけでなく
将来に向けて行動を起こしていくことこそ、
本当の識者に求められていることだ。

そしてその人たちを
見つけ、賛同し、支え続ける人が増えてくれば、
まだまだこの国捨てたものでもないな、と
思えてくるはずである。

もちろん、我々も
身近なところから、忠告から行動へと
意識を変化させることが必要なのだ。

もうテレビのお茶の間劇場も飽いただろう。
口だけでなく、手を頭を動かそうではないか。



一流の行動力―64のルール
グラフ社
浜口 直太
ユーザレビュー:
社会人としてひいては ...
「行動力」とは?わた ...
行動力!なかなか一歩 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
千の忠告よりも行動を 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる