言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩め、転んでもいいから。

<<   作成日時 : 2010/01/16 18:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

転んだ人を笑ってはいけない、
彼は歩こうとしたのだ。


経済学者、歴史学博士でもある
米倉誠一郎氏の言葉。

今日から大学センター試験も始まり、
いよいよ受験シーズンたけなわである。
受験生諸君の健闘を願う。

自分が今まで得体の知れない誰かに
試され選ばれるという緊張感やプレッシャーは、
きっと君たちの肥やしになるだろう。

そして結果によっては、
君たちが何らかの選択をせまられることもあるだろう。
いろいろ制約はあるかもしれないが、
とにかく自分で選ぶということから逃げないで欲しい。
たとえ判断を間違えたとしても
他人を責める醜さを見せないように。

さて、先の言葉である。

どうも我々の社会は、転んだ人・・・つまり
失敗をしてしまった人に対して
「失敗したこと」のみを責め、笑い、貶めることで
何もしなかった自分を肯定するような
いやらしい一面を持っているようだ。

注目すべきなのは、
転ぶ前に、その人が歩こうとしていたことだ。
自分の考えで何かを試み、選択し、
実行していたことだろう。
当然世間の常識や既得権益にぶつかり、
つまずき転ぶことも当然あるはずなのだ。
それが全てのチャレンジの宿命でもある。

失敗したくないからチャレンジしない。
転びたくないから歩かない、走らない。

そんな選択もありだとは思うが、
そういう消極的な参加辞退者は、
もはや他人を評価する権利などないのだ。
ましてやチャレンジして失敗した人間を
笑うことなど、本来恥ずかしくて出来ないはず。

だが哀しいことに、
そういう恥知らずはこの世に少なくない。

どうにかチャレンジャーの気持ちを
削ぎ、萎えさせ、
自分たちと同じところに引き落とそうとする。
そこは諦観と沈滞と絶望の沼地だ。

そんなところは
これから多くの可能性を有している若者にとって
決して最初からの目的地であるべきではない。

むしろ転ぶ可能性はあっても
まずは歩くことを目指して欲しい。

少し遅くなったけれど
新成人へのはなむけの言葉とさせていただく。



人生は、失敗するからうまくいく
ゴマブックス
ジェームズ・アレン
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。
お元気でしょうか?

混沌とした闇が世間を覆っています。
明治以来の亡霊が既得権益死守のために手段を選ばなくなっています。

何が正義か?真実か?

見かけに惑わされない眼力で、若人たちの新しい時代を創って欲しいものです。
又三郎
2010/01/23 21:49
又三郎さん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
日本では皆、すっかり自信を失ってしまって足がすくみ、ついには他の人の歩みまで引き止めてしまうような世相になっているようです。
何かをやろうという人間の背中をそっと押してやる気持ちがもっと必要と思います。
言の葉ブログ
2010/01/24 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
歩め、転んでもいいから。 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる