言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 面白がってやっているヤツにはかなわない

<<   作成日時 : 2010/05/02 09:48   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

面白がってやっているヤツと、
苦労してやっているヤツと、
どっちが勝つかな。
やっぱりさ
面白がってやっているヤツには
かなわないんだよ。


作家、タレント、東京都知事でもあった
青島幸男氏の言葉。

景況感もマクロでの数字ほど
実感の持てるような回復傾向がなく、
失業率が我が国としては高止まりで
若者の就職状況も悪い。
中高年とてリストラや減給の影に脅え、
相も変わらずの滅私奉公に疲れている。

どうせ苦労してツライのが仕事なんだから
それをいかに要領よく無難にこなすか。
それが、今の世の中で
生き抜くために必要なこととばかり、
ビジネスの実用書が売れまくる。
ネット上でも仕事関係のハックが
人気があるようだ。

しかし、「ちょっと待て」だ。

そもそも、どうして仕事は
「ツライ」ことが前提なのか。

どんな仕事だろうがやる気がしないという
人間はおいておくとしても、
何らかの働き甲斐を得たいが為に
少なくとも最後は自分で選択した仕事である。
(まあ100%ズバリとはいかないにしても、だ)

それが、何となくモチベーションが湧かず
一体誰のためになっているのかも不明なまま、
言われるがままに”やらされる”ものに
成り果ててしまっている。

そんなものにいくら要領だのハックだの
時間の有効活用だのをつぎ込んだとて、
言われたことだけをこなす以上のことは
出来ないだろう。
創意工夫の入る隙間がない。充実感もない。
ただ同じことがグルグル回るだけだ。
いやむしろ効率は悪くなる一方だろう。

もし仕事を面白がってやることが出来たら…

「おいおい、何もそこまでやらなくても」というくらい
言われたことの2割増、5割増を
しかもレベルの高いところでこなし、
毎日毎日が充実感や達成感に溢れた、
活き活きとしたものになることだろう。

そこでは、自ずから創意工夫もするだろうし、
ライバルとの競争の緊張感さえも
楽しく感じられることだろう。
モチベーションなんて言葉をわざわざ出す必要もない。

結局、仕事に限らないが、
「面白がってやっているヤツにはかなわない」のだ。

ただ面白がってるからといって遊ぶこととは違う。
ここを勘違いしてしまうとお話しにならなくなる。
苦虫を潰したような顔をして働くものだなんて発想は、
昭和の時代にでも捨ててきてもらいたいものだ。

何を面白がるかは人の嗜好にもよる。
しかし、仕事の本質的なオリジナリティが殆どない
今の時代の職場では、
何よりも仕事の与え方、環境の作り方が
大事なのである。
働く人を気分良く働かせるための工夫が肝要だ。
どうせそんなにお金を出せないのなら、
せめてポジティブな言葉でもかけてみたらよい。

面白がっている人間を会社や組織の中で
いかに増やすことが出来るか。
それこそが今後の時代を生き抜くポイントになるだろう。

我慢は一時的なことだから出来ることだ。

我慢を一生涯続けることを強制するような社会では
新しい創造も進歩も生まれるはずもない。
奴隷社会、強制労働社会に明日などあるものか。

「俺(私)、仕事が面白くってしょうがないんだ」
そんな声が巷にあふれる社会になって欲しい。

ただし、ワーカホリックだけはご勘弁願いたい。
ワークバランスあっての「面白さ」なのだから。

そう、仕事が面白いからこそ、
こうしたゴールデンウィークも
心から楽しめるのではないだろうか?



仕事は楽しいかね?
きこ書房
デイル ドーテン
ユーザレビュー:
すごく沁みる人と嫌味 ...
いーんじゃない?フツ ...
ちょっと視点を変えて ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
面白がってやっているヤツにはかなわない 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる