言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治家の資質、国民の資質

<<   作成日時 : 2010/06/06 13:14   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

良い政治家とは、
明日、来週、来月、そして
来年どうなるかを予告でき、
かつ、なぜそうならなかったかを
説明できる人間である


イギリス首相だった、
ウィンストン・チャーチルの言葉。

鳩山由起夫総理が8ヶ月で辞任し、
数日のうちに菅総理に引き継がれた。

鳩山総理就任時の支持率は80%だったが、
最近は20%以下まで落ち込んだという。

期待の大きかった分
失望も大きかったと言えばそれまでだ。

鳩山内閣の右往左往する発言や行動は
責められても仕方がない面はあるだろう。

しかし、
政権交代という我が国では革命的な事件の後
それに必ず伴うはずの混乱について、
必要以上に殊更取り上げた報道のあり方や
それに過敏な反応を示した国民世論は、
政府を道に迷わせ足をすくませるのに
十分過ぎたかもしれない。

そして最後には
総理個人の資質や責任に集約され、
徹底した個人攻撃が続いたあげく、
ただでさえ孤独であるはずの総理は
孤独なままに自壊せざるを得なかった。

あれだけ辞めろとけしかけながら、
辞めれば「無責任だ」というダメ押し付きで。

鳩山氏は、
先のチャーチルの言葉のように
「良い」政治家ではなかったかもしれない。

だが、結果が思うようにいかなくても
全く説明をしないわけではなかったし、
政治プロセスの透明性のために
内閣を挙げて尽くしてきたと思う。

語れば尽きないが、とにかく
この当面の混乱は政府の頭のすげ替えで
リセットされたことは間違いない。
政党は同じでも人が変われば
政府や政策は変わらざるを得なくなる。

さて、翻って国民はどうか。

政権交代をしてやったんだから、
後は任せた、と丸投げしておしまいなのか。

60年間の政官民こぞっての癒着構造が
放っておいても数ヶ月で破壊されると思ったのか。

政治だけ変えればオセロのように
既得権者が全部ひっくり返ると考えていたのか。

これまで政府や与党を攻撃してきた官民の声に
結局惑わされたことに罪悪感はないのか。

せっかく自分たちの目の前にきた政官民の手綱を
また離してしまうのか。

そう、国民は、この8ヶ月間、
何かをサボっていたのではないだろうか。

選挙権のない若者や子どもにこう聞かれたら
どう答えるのか。
「どうして日本だけ総理大臣が毎年変わるの?」

そりゃまともな政治家がいないからだよ、と答えるあなたに
もう一つ問われたら。
「じゃあ、どうしてまともな政治家を選ばないの?」

そしたら
まともな人間が立候補しないからだ、と答えますか?

「まともな人間が立候補出来ないのはなぜなの?」
「まともな人を応援してあげないのはなぜなの?」

最後には、
有権者個々人に返ってくることではないか。

今、主権者国民の資質が問われている。
外国も、冷めた目で国民を値踏みしているはずだ。

国民が自分たちの選んだ人間を腐すことを
何よりも嬉しがる、「我々の本当の敵」を
間違ってはいけない。

気まぐれで面倒くさがりやで影響されやすく、
そして当事者意識のないことを
国民である我々は少しは反省するべきではないか。

まともな政治家や総理になる人材が
消費され尽くされる前に。



ユーザレビュー:
安全保障を民主党はど ...
この本は商売でしょう ...
読むに堪えない何故こ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政治家の資質、国民の資質 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる