言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 超越した自分を持つこと

<<   作成日時 : 2010/12/04 19:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

世界中の誰もが自分を称賛しても、
私は一人静かに満足して座っている。
世界中の誰もが私を見捨てても、
私は一人静かに座っている。


アメリカの詩人、ヒューマニストである
ウォルター・ホイットマンの言葉。

自分がどう見られているか。

これを基準に生きることは
なんて窮屈で卑屈なことだろう。

だが、人生のスタート地点に立つ者、
そして走り続けている者にとっては
それは逃れられない宿命である。

もちろん同時に自分が他人をどうみるかも
試されているのであり、
そういった「見られ」「見る」ことが
生きることの大半を占めているかもしれない。

しかしそれに溺れてしまうと
自分が一体どういう人間か、
そもそも何をしたいと思っていたのかを
わからないまま彷徨うことになる。

いざ自分一人になってしまうと
どうすればいいかわからない。

それは、自分を一番知っているはずの
自分という話し相手が
行方不明になったようなもので、
孤独でさえない、虚しさだけの世界だ。

他人がどう思おうが動かない自分を
どこかにしまっておくべきではないか。

それまで犠牲にしなければいけないなら
思いきって今の生き方を否定するくらい
本来大切にするべきもの。

自分を大事に出来ない人間に
他人を大事にできる強さがあるはずはない。

自分のない人間の言葉には
他人の心を動かす力もない。

自分を差し置いて生きることが
まるで偉いことのように讃えられる、
役者ばかりの偽社会に踊らされるな。

超越した自分を持つこと。

それが今ほど必要とされる時代は
ないのではないか。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙で唯一の自分を大切にする方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
非常に共感致します!!!
さむ
2010/12/05 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
超越した自分を持つこと 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる