言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS お節介政治の本性

<<   作成日時 : 2010/12/18 18:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

政治が大まかであれば、
人民は純朴でいられる。
政治が厳しく細かいなら、
人民はずる賢くならざるをえない。


中国の思想家
老子の言葉とされる。

「お節介な政府」を
結局日本人は求めているのだろうか。
最近、国民のお金だけでなく
生活まで規制しようとする政治の
歯止めが利かなくなっているように思う。

「渡したお金は貯金しないで
 何か買って下さい」

「健康増進のために
 タバコの税金を上げます」

「お父さんが眠れないのは
 ”うつ”かもしれませんよ」

「青少年には有害な本は
 見せないようにしましょう。
 夜間の単独外出なんて
 とんでもない」

いつからこんなに
政治は小うるさくなったのだろう。

そしていつまで国民は
おとなしく従っているのだろう。

それどころか、
こういう規制をして下さい、
こういう法律で縛って下さい、と
願う者までいるくらいなのだ。

自分だけは捕まることはない、と
妙な自信を持つ人が多いのか。

しかし、
悪人だけを取り締まる法律なんて、
過去にも未来にも無い。

当然全ての法は
我々全てを縛るもので、
その分生活は窮屈になるのである。

否が応にもそれに合わせて
生活することを強制されるのだ。

国民にお節介をする政治に
”善意”なんてあり得ないと
そろそろ気づいた方がいい。

少しずつ簡単に動かしやすく
人形のように国民を操ろうという
”悪意”が必ず底に潜んでいる。

世論をこわがる振りをしているが、
その世論をうまく利用して
「困った困った」といいながら
国民を手懐けようとしているのだ。

そして悪人もますますずるくなり、
善人面してカモを探しまくるだろう。

「こんな規制は要りません、
 この位の判断は国民自ら出来ます」

もうそういう風に言っても
いい頃なのではないか。

法律や条例で
世の中が良くなることなんてない。

大体、そういうルールの文章なんて
国民の内の何人が読んでいるだろうか?
(もちろん議員連中も怪しいものだ)

マスコミが都合のいいところだけ
取り出した記事だけで納得しているが、
残りの部分に
どんな地雷が仕掛けられているか
わかったもんじゃないのだ。

自分だけは守ってくれるだろうと
変な楽観主義になるのはやめよう。

お節介政治の本性を
もっとよく見てみるがいい。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本いまだ近代国家に非ずー国民のための法と政治と民主主義ー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お節介政治の本性 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる