言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS これまでの生活や仕事のやり方はあきらめよう

<<   作成日時 : 2011/03/27 19:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

人は自分の最も悪い習慣でさえ
失う事を残念がる。
おそらく、最も残念がるだろう。
なぜなら、
それこそがその人の人格の
本質的な部分であるからだ。


アイルランド出身の詩人、作家である
オスカー・ワイルドの言葉。

人間の習慣依存というものは
実に根深いものだと思わされる。

この東日本大震災において、
首都圏でも、茨城や千葉のように
大きな被害が出ているというのに、
計画停電も行われていない
都心部に至っては・・・

元の状況に早く戻ろうとして
電車は道路は米は水は、と
騒ぎ立てる。
仕事を遅くまで落ち着いてできないと
不満を並べる。

郊外へ帰る電車の外には
真っ暗な街が広がっているというのに。

テレビの被災地の映像に心を痛めても、
「それはそれ」として習慣を取り戻そうとする。
「日本は一つのチームなんです」と問いかける
ACのCMも虚しく響く。

もう、いい加減にあきらめよう。
これまでの生活や仕事のやり方は出来ないのだ。

これまでが贅沢であり異常だったのだ。

朝早くから夜遅くまで、
時間きっかりに動く公共機関。

いくら電気機器を増やしても
契約アンペアを上げれば
湯水のように供給される電力。

昼間と勘違いするほどの
電飾に囲まれた不夜城の街。

夜遅くとも煌々と点く街灯や住宅の灯りに
安心して帰れる住宅地。

ちょっとお金を出せば
明日に物が届くのも当たり前な物流。

蛇口をひねれば当たり前のように出てくる
安全な水。そして温かいお風呂のお湯。

あれが安い、これが美味しいと
よりどりみどりの米や野菜、肉、玉子、牛乳…

そんな「一炊の夢」が永遠に続くと思っていた。
不景気、不景気と愚痴りながら
我々は目が曇っていることに気付けなかったのだ。

今までの生活や仕事のやり方が
「よどみに浮かぶうたかた」でしかなかったこと。
それが数多くの人の犠牲で成り立っていたこと。
今もなお、その犠牲を強いて自らを変えまいとすること。

その身勝手さ、醜さたるやいかばかりか。

自分たちが綱渡りをしているピエロに過ぎないことを
思い知るべきだ。

本当の贅沢とは何かをもう一度考えてみよう。

もう周りの風景も自分の足元も
震災前とは完全に変わってしまっていることを
堅い頭に叩き込まない限り、
本当の、日本の総合力による復興など
あり得ないことをここに記しておきたい。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 方丈記―付現代語訳 (角川ソフィア文庫 (SP34)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これまでの生活や仕事のやり方はあきらめよう 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる