言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 秩序のない科学の罪

<<   作成日時 : 2011/07/26 17:05   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

科学者は秩序づけを志すべきである。
事実の集積が科学でないことは、
石の堆積が家でないのと同じである。


フランスの数学者
アンリ・ポアンカレの言葉。
ポアンカレ予想で有名ですね)

ちょっと思い出話にお付き合いいただきたい。

自分が某大学の研究室に学生だったのは、
30年近く前のほんの3年ほどの間のことだ。

自分のテーマは光による有機結晶の
特殊な反応の研究であった。

原理としてはほぼわかっている。
理想的な反応をする物質もわかっている。

それなら類似した構造を持つ分子を
新たに合成して反応させてみたら
どうなるのか? ということを
少しずつ構造を変えた化学物質を
一人一人で分担して合成して
光反応させるというわけなのだった。

自分が当たった物質は「ハズレ」だった。

合成反応は思う通りに行ったものの、
肝心な光反応性が低く、率直にいえば
「美しくない反応」しかしなかった。

正直つまらなかった。

「美しい反応」をする物質は
とうに諸先輩が数種見つけていて
面白いデータが次々と論文になっていったが
自分は修士終了間際で
ようやく一報搾り出せただけだった。

研究というものは、
ある程度テーマによって進め方が決まっており、
面白い対象に当たると一通りのことをすれば
イッパシの成果が出てくる。

しかし、残念ながら「ハズレ」に当たると
あとは秋のプロ野球の消化試合のようなもので
面白みのない単なる事実が並ぶだけである。
それでその分野の研究が何か進むわけでもなく
「これはダメ」という検証を数年かけてやるだけだ。

ここで勘違いしていただきたくないのだが、
自分がつまらなく思ったのは、
自分が「ハズレ」に当たったからではない
ということ。

自分なりに色々工夫をしてみたのだ。

今までのやり方ではハズレの結果しか
出ないかもしれないが、
光反応が遅い分、反応経路を解析するのに
有用かもしれない。

また、光の強度や波長、照射時の温度などの
条件を色々変えれば違った挙動がみえるかも。

そうして、新しい分析法を試すために
他の研究室の教官に教えを乞うたり、
当時はまだ珍しかった分子軌道計算を
計算機センターで行い解析したりもした。

照射温度や光波長を変えられる実験装置も
独自に考えてつくって実験もした。

何もしなければ、
つまならい事実の集積で終わるだろうテーマに
なんとか新しい研究手法の先駆けとしての命を
吹き込みたいと思ったのだ。

指導教官の教授や数人の先輩は
多少面白く思ってくれたようだったが、
そういう「研究手法」についての工夫は
ほとんどの教官や学生には認めてもらえなかった。

「当たり」の化合物に当たって、
従来通りの反応について分析・解析をして
「また面白い結果が出ました」というストーリーが
何よりもあの世界では大切なようだった。

しかし、考えていただきたい。

そんな固定的でルーチン的な「事実の集積」が
認められること、もっと言えば
マトリックスのマス目を一個一個埋めてゆくことが
その分野の発展につながるとは思えない。

秩序をつくるにはそれぞれの個々の事実を
一個一個箱に収めていくのではなくて
新しいアプローチにより枝葉を伸ばすことで
科学的事実の相関性・関係性をより深め、
編み上げてゆく作業だと思うのである。

自分には、そういう風に
過去の空き地を見つけて小さな小屋を建てて
それで博士でございます、と認められる世界に
とても違和感を感じて民間への道を選んだ。

自分の経験が、特異的な環境のものかは
自分ではわからない。
もう大学の研究もかなり様変わりしたとは思う。

それでも、事実の集積ではなく、
秩序をつくることに重きをおくような
科学にもっと力を入れていたならば、
「理系離れ」などという醜態をさらさずに
済んでいたかもしれないのである。

科学を面白くなくしてしまったのは
大学教育、大学研究の責任が甚だ大きいと思う。

「人間」を「科学」を育てることに無頓着過ぎた。
学位をとらせる、という目的に執着し過ぎた。

今一度、先のポアンカレの言葉を
かみしめてもいいのではないだろうか。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 科学と方法―改訳 (岩波文庫 青 902-2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秩序のない科学の罪 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる