言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「器」を食べる日本人

<<   作成日時 : 2011/10/02 10:07   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

食器は料理の着物である。

芸術家、美食家である
北大路魯山人の言葉。

ようやく夏の気配が去り、
朝夕の気温が下がってくると
「あれ」が食べたくなる。

「今晩は"鍋"を食べたい」

最近ふと気づいた。

「鍋を食べる」という言い方って
実はとっても面白いな、と。

もう一つの例がある。

「今日の昼飯なににしよう?」
「がっつり、丼でも食うか!」

「丼を食う」というのも
なかなか面白いではないか。

鍋で煮た何々を食べる、
という言い方はしない。

丼に入った何々を食べる、
という言い方でもない。

器で食事そのものを表現する。
これって日本特有の
言い方なのではないか。

例えば、「鍋」といえば、
家庭のちょっとしたイベントだ。

うっすらと
鍋の中で煮立った完成形をイメージしつつ
食材やつゆを買い込む。

食材を切ったり前処理をして
皿に盛る。(この盛り方にもセンスがある)

食卓の真ん中にガスコンロを置く。

鍋をその上にきちっとセットして
つゆを注ぐ。

コンロの火をつけて、まずは
熱の通りにくい食材から鍋に投入。
フタをして煮立つのを待つ。

この辺からニオイにつられて
家族全員が食卓に集ってくる。
それぞれの前には取り皿が並び
各人各様の調合でつけ汁が出来る。

ひと煮立ちすると鍋奉行の登場だ。
食材の入れる順番、鍋内での位置、
そして加熱時間が鍋奉行によって
整然と管理されて鍋が完成してゆく。

「さあ出来た」という鍋奉行の宣言で
家族が一気に鍋に手を出す。

鍋の湯気と食材の温かさで
ちょっと汗ばみながら食が進む。

鍋内の具材がなくなると、
うどんあるいはご飯を入れて
煮込みやおじやの始まりだ。

野菜や肉、魚から出たダシが
十分染み込んだうどんやご飯は
その日の鍋の総仕上げである・・・

以上が「鍋を食べる」ということを
表現してみたものだ。

「丼を食べる」のだって、
各人各様の食べるプロセスを入れての
イベント的な要素があるだろう。

「器」がその食事を演出する
最高のツールであるからこそ、
「器を食べる」という表現が定着しているのだ。

他にも「椀を味わう」という言い方がある。
一流の料理屋には
「椀方」という専門家がいるそうだ。

これも椀の中に
どう作り手の想いが表現されているかを
蓋をとった瞬間から感じ賞味することが
大事なイベントになっているからだ。

そういえば、高知の「皿鉢料理」も
でっかい器に豪快に並んだ食材によって
食べる側の気持ちを湧き立たせる。

ところで、
英語の「dish」という単語は
皿という意味の他に料理という意味もある。
しかし、そこには
イベント的な意味合いはない。

前のエントリーで
日本人は食事を重要視していないと書いたが、
こと器については違う。

茶碗が誰のものか決まっているなんて
外国ではあまりみられないのではないか?

そういえば、箸もそうである。
各自どの箸かが決まっている。
ナイフやフォークは誰が使うかなんて
決まっちゃいないだろう。

日本人の食事の器には
料理をさらに美味しく素晴らしくするための
魂が込められている気がする。
魯山人は「着物」と表現した。

各個人に決められた器は
各個人の分身でもある。

その人がまだ家に帰っていないときに
寂しく伏せられた茶碗で
家族の寂しさを代弁することがある。

器にイベント的な要素や
属人的要素、擬人的要素を付加して
想像力で膨らまして
食事を演出する日本人。

それは、
ともすればファストフード化していく
せっかちな食事文化の中でも
まだまだ固執してしまう
日本人の性(さが)というものだろう。

この季節は各地の陶器市も開かれる。
自分の器を見つけに行くというのも
粋なものかもしれない。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 図説 日本のうつわ―食事の文化を探る (ふくろうの本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「器」を食べる日本人 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる