言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「信じたアタシがバカだった」という総括の愚

<<   作成日時 : 2013/01/14 17:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最も高く、最も硬い、あのガラスの天井を、
割ることはできませんでした。
でも、みなさんのおかげで、
ガラスの天井には約1800万ものヒビが入り、
その隙間から光が射して、
かつてなかったほどに輝いているのです!


アメリカの政治家、弁護士である
ヒラリー・ローダム・クリントンの言葉。
大統領選挙の民主党予備選で
オバマ氏に負けを認めたときの演説である。

嘉田滋賀県知事の言動には失望した。

日本未来の党の代表として
先の衆議院総選挙で戦い、そして敗北した。
選挙後に党を分裂する事態となり、
党代表の辞任まで追い込まれ、
とうとう口にすべきことでないことまで
言ってしまったようだ。
嘉田知事:「100人当選」信じ後悔 支援者新年会で謝罪 /滋賀

総選挙が思ったよりも前倒しされ、
大阪の橋下市長が主導する「日本維新の党」が
「たちあがれ日本」と手を組んだことに狼狽し
(今回の発言から察するに)大した戦略もなく
「国民の生活が第一」と合体して
にわか作りの「日本未来の党」を立ち上げた。

しかし、途中の経緯はどうあれ、
負けたことは党代表の責任に期するのである。

代表ではなかったが
「国民の生活が第一」の元代表として
手を尽くした小沢氏さえも
敗北の責任を感じ多くは語らない。

それなのに嘉田氏は
自分が騙されたという被害者になって
それで幕を引こうとしている。

そう、負けるべくして負けたのだ。
支持者の票は全くの死票に堕した。

負けるにしても
もっと良い負けたがあったのではないか。
その工夫もなく"兵どもが夢の跡"。

ヒラリー・クリントン氏のように
無念の思いをギュッと噛み潰して
自分を支持してくれた人達への感謝と
未来の希望に向けたメッセージを
党内外に送れないのだろうか。

結局嘉田氏はその程度であったのであり、
支持者はそれに引っ張り回され、
今回の発言で完全に気持ちを踏みにじられた。

もう舞台を去るべし。
国の長の器ではあらず。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 現代日本の政党デモクラシー (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「信じたアタシがバカだった」という総括の愚 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる