言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS (番外)クイズ番組隆盛と生協の白石さん(前)

<<   作成日時 : 2005/11/17 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

このクールは、TVで目立ってクイズ番組が多い。

確かに小生も嫌いではない。
問題が出され、数秒もたたないうちに
回答が示される。
それに一喜一憂するタレントを見て、
優越感に浸ったり劣等感に苛まれたり。

しかし、
これでいいのだろうか、と
思ってもみる。

発想を変えて、
番組を作る側に立ってみよう。

新しい番組を企画する、
その時に視聴者の調査結果でも見てみるわけだ。
テレビ番組に何を求めますか?
そこには知識欲に飢えた視聴者が見えてくるだろう。

では業界内の内なる需要はあるだろうか?
長い長いデフレ不不況の中で、
芸能人のスキルは少しずつ変容しつつある。

我々と芸能人の差は、
とてもとても大きなものだったと思っている。
我々にはない素質を持った希有な人たち。
そうであったはずだ。
しかし、今クイズに半ば真剣に答えている、
「素の」タレント達を思う。

そこに、
何の「ゆとり」が見えるだろう。
クイズは、たった数秒の内に、
「知ってる」「知らない」をゼロヒャクで
お茶の間に見せてしまう。

昨日まで、
万能の将軍様だった人まで、
「なあ〜んだ只の役者風情ね」と
解釈する隙間まで与えてしまう。

それってどうなんだろう。

小賢しい(と敢えて云わせてもらう)知識を
数個溜め込んでいる
(あるいはそうテレビ局に刷り込まれている)
人間がどれだけ偉いのか?

そしてそういう価値観で
「馬鹿」「利口」をステロタイプで評価している
こちら側は、「何様」なんだ??

企画する側からすれば、
とっても簡単なこと、容易なこと。
そういう安易な企画に、
僅かな自由時間をくすねられている、
私たちは何なのだ。

ゼロヒャクで解決できることなんて、
これっぽっちもないのに、
ブラウン管(古い?)の中では
それが現実化して権威化している。

それに皆は不満なのだ。本当は。

その歪みに対する答えは・・・
後編に譲ろうと思う。(つづく)


頭の体操〈第23集〉永遠の謎篇
頭の体操〈第23集〉永遠の謎篇 (カッパ・ブックス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パルシステムに資料請求をしてみる!
はじめての方は、実際に生協の宅配パルシステムに資料請求をしてみましょう!生協の宅配、パルシステム(pal*system)では内容が気になっている方に対して資料請求を行っています。資料請求をしてから2,3日で届きます。自分の場合は金曜日にお願いして月曜... ...続きを見る
コープの宅配:パルシステム
2007/11/18 23:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(番外)クイズ番組隆盛と生協の白石さん(前) 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる