言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 天国と地獄を分けるもの

<<   作成日時 : 2006/01/24 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさんは、「地獄」と聞くとどのような世界を想像しますか? 
(中略)
 意外や意外。地獄には食べ物がふんだんにあるのです。
 長いテーブルの上には豪勢な料理が並び、その両脇に人々は座ります。

(中略)
 その世界で人々は、箸を手に料理を口に運ぼうとします。
 ところが、なんと、その箸は長さが1メートルもあるのです。
 当然、料理は口には届きません。
 こうなると、
豪勢な料理はただ焦燥感と空腹感を増幅させるだけです。
 いかがでしょうか。これほどまでの拷問がほかにあるでしょうか。

(中略)
 じつは、天国も地獄とまったく同じ世界。
 美味なる料埋が置かれた長いテーブルの
両脇に座る人々がもたされるのは、
地獄同様に長さが1メートルもある箸なのです。
 ところが、それでも彼らは幸せです。
 なぜなら、
その箸で目の前の人の口元に料理を運んであげて、
みんながおいしい料理を
毎日たらふく食べることかできるからです。


前出の大村あつし著『人生は数式で考えるとうまくいく』からもう一つ。

この本は比較的スピーディに読み終えることが出来る佳書である。
しかし読み終えて暫くたってもこの部分が頭から離れない。

著者はこの後、以下のようにまとめている。
 同じ状況なのに、かたや地獄、かたや天国。
 要するに、「地獄」とか「天国」とか、
 「悲しい」とか「うれしい」というのは、
 その人の心の内面なのです。


果たして、これらは「同じ状況」なのだろうか。
人に何かをしてあげることを喜びとする人であふれる天国と、
自分だけおいしいことに預かろうとする人ばかりの地獄。

たとえ、それぞれの内なる心から生じた結果であるにしても、
そういった状況にほうり込まれることこそが、
罰であり褒美であるのだろう。

それにしてもここに描かれた地獄。
何やらどこぞの国の現状と似てませんか?



ユーザレビュー:
資本主義のメカニズム ...
サラリーマンは金を生 ...
中年向けではないこち ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天国と地獄を分けるもの 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる