言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「危機」ではなく「過渡期」である

<<   作成日時 : 2006/03/05 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「失われた10年」という言葉に代表されるように、
この十数年間、
「日本が危機的状況に瀕している」という言われ方が
幾度となく繰り返されてきました。
 - 明らかな間違いです -
日本が直面しているのは危機ではなく、
時代の変わり目=移行期だからです。


ピーター・F・ドラッカーの遺した言葉。
昨年11月に95歳で世を去った「知の巨人」。

ゆるやかな景気の立ち上がりの空気が出てきた今、
肝心の人の心が揺れている。

今までのやり方が通じない・・・
世界の動きに追従できない・・・
安心出来る場所がない・・・

大量退職、少子高齢化という人口構成変化に
どう対応していいのか見当もつかない。

外国投資家の大規模な株の売買で
いつ企業が傾くか、なくなるか、わからない。

そして何よりも、
こういった不安定な状況に頼れる人材が
周りにいない・・・

しかし、ドラッカーは、
「危機」ではなく「変わり目」だと喝破した。

インターネットという新しい神経網で、
人類の「知」が国境を越えて共有化されていく。
この大きな動きが落ち着くまで
あと30年はかかるだろうと言われている。
過去の成功体験にこだわろうとしても無駄だ。
大きな流れは容赦なく我々を押し流してゆく。

こういった中、
周りの正解を探しても無意味だ。
これは「変化」であり、それに対応する柔軟さこそ
最大の攻撃であり防御である。

「知の巨人」が背中を押してくれていると思って
自分たちの足で前進しようではないか。


ドラッカーの遺言
ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分の内面も含め、混沌から熟成に向かうことを渇望しています。荒川静香のようなしなやかさを持って・・(興奮冷めやまず〜☆)
又三郎
2006/03/06 09:14
変化を楽しむ、という発想の転換が必要なのですね。
フィギュアスケートもその場その場で演じる技を変えることがあるとか。荒川選手もそういったことにも長けていたのでありましょう。
言の葉ブログ
2006/03/06 19:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
「危機」ではなく「過渡期」である 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる