言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れないで

<<   作成日時 : 2006/11/27 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

死んだ女より 
もっと哀れなのは 
忘れられた女です。


仏の女性画家・彫刻家 マリー・ローランサンの言葉。

女性に限ったことではないが、
「忘れられた人」、あるいは
「存在を意識されない人」という人々は
実はそこかしこにいるのではないだろうか。

人間関係の網目の隙間を
すり抜けるように、
誰とも関わり合いを持つことなく、
好かれるでもなく、かといって
嫌われるでもなく。
ひっそりと皆の意識の外で
生きている人々。

きっと死んだときにさえ、
「そういえばいたね、そんな人」で
済まされてしまう。
もちろん瞬きするうちに
皆はまた忘れてしまうのだが。

いじめの中でも、
「しかと」(=無視)は
最もいじめられる側を傷つけ苛む。

それは集団生活の中で
「忘れられた人」が意識的につくられ、
孤独の地獄へと追い込むからだ。

いじめる側が多ければ多いほど、
罪の意識も希釈され
意識から無意識へと変貌していく。
ついには「あの人誰だったっけ?」。

しかし
「忘れられたひと」自身は
「決して忘れないひと」でもある。

どんなに年月が経っても
いじめた側の「薄ら笑い」を忘れない。
「情けは人のためならず」が
マイナス方向で作用することもあるのだ。
それも実は
別の地獄への入り口なのだが。

いずれにしても
無駄な人間が必要なほど、
この地球上に余裕はないはず。

だから、
忘れないで。


月下の一群―現代日本の翻訳
月下の一群 (講談社文芸文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
忘れないで 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる