言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「知ってる」だけでは「つかえない」

<<   作成日時 : 2007/05/03 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

知識は使わないとすぐに錆つく。
そして終いには
「ただ知っている」という状態になる。
「それ、知ってるよ」とよく言う人は、
「ただ知っている」だけで、
肝心なときに何も出てこない。
そんなものは「知識」と言わないのである。


「失敗学」でおなじみの 畑村洋太郎氏の言葉。
(『数に強くなる』岩波新書 より)

知識というものは、
実世界とのつながりを断ち続けると、
とたんに曖昧でふわふわとして存在になっていくようだ。

大半の資格取得なんかは最たるものではないか。
自分の職務経験がない資格をとっても、
結局その資格を活かすでもなく日常に埋没する。

自己満足という
個人的な精神的効用はあるかもしれないが、
巷の話を総合すれば、
社会的な実キャリアへの影響は「?」だろう。

個人的なことならまだいい。

知識に拘りすぎることは、
社会に妙なブレーキや横車を押すことにも
なりかねない。

知識は常に過去のものである宿命があるのに、
それだけで判断を下してしまおうとする。
現実とのパイプラインを通そうとせずに。

例えば・・・
いまだに清く正しい高校球児像にこだわるなんて
最たるものではないか。

オリンピックからはじめ、
商業主義が浸食していく中で、
残念ながら純粋なアマチュアリズムは
もう地上のどこにも存在しない。

何十億円というレベルで
金が動く可能性のある世界への候補生が
「純粋培養」では逆に不安だ。

変化に対応したくない方々の
都合の良い思考停止のようにしか思えない。

少々脱線した。
知識の話であった。

会社にしても、
現場から離れて、
管理主体の役職になるほど、
たとえ同じ職場にいても、
現実との距離は遠くなる。

そこに至って、
過去の知識で現在に対応しようとするのは、
後ろを見ながら自動車を運転するようなもの。
危険に突っ込むことの方が多くなる。

まさか事故が起きてから、
「そうなるんじゃないかと思ってたんだけどサ」
なんて言うんじゃないでしょうね?

時間の止まった知識は、はさんで捨てろ。


数に強くなる
数に強くなる (岩波新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「知ってる」だけでは「つかえない」 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる