言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 事後措置よりも事前予防を

<<   作成日時 : 2008/02/06 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「曲突徙薪」
(きょくとつししん・・・とつをまげ、たきぎをうつす)


中国の故事成語。「突」とは煙突のこと。

ある家で、
かまどの煙突がまっすぐ突き出していて、
そのそばに薪が積んであった。
これを見たある人が煙突を曲げて、
薪は別な所に移したほうがよい、
そうしないと火事になるだろう と忠告した。
しかし、
その家の主人は言うことを聞かず、
やがて本当に火事になってしまったという。

このことから、
災害を未然に防ぐことの大切さを教える言葉。

ところで、
この話には続きがある。

火事は近所の人の助けもあって、ぼやで済んだ。
家の主人は、消火の労をねぎらって宴をもうけた。
上席には、先頭に立って火を消した者を座らせた。
ところが、
かつて主人に煙突や薪について忠告をした人は
宴に呼びもしなかった。
ある者がそれに気づいて、主人に言った。
「あの人の忠告を素直に聞いていれば、
 火事にさえならなかったのではないか。
 そういう大事なことを言ってくれた人を
 なぜ真っ先に招かないのか」と。
主人はハッと気づき、すぐに自ら出向いて、
忠告してくれた人に謝罪し、一番上席に招いてもてなした。

さて・・・
農薬入り餃子の問題である。

目下、農薬が入った経緯について大騒ぎしており、
もちろん原因究明は大事である。
ただ、
直近の事件の前に、何度か現れていた兆候を、
企業も自治体も国も有効に活かせず、
問題の拡大を防げなかったことを
もっとマスコミは追及してもよいのではないか。

通常とは異なることが起きたときに、
情報を上げて警告した人の声に
なぜ素直に耳を傾けられなかったのか。

いざというときには
販売中止をし情報公開することを
なぜ想定もせず現場に権限も与えていなかったのか。

異臭がするというのに、
なぜ微生物検査だけを行い、
薬物検査にまで考えが及ばなかったのか。

個々人はそこそこ賢いのだろうに、
組織になると鈍重で愚鈍になってしまうのは
いったい何故なのだ。

警告を発する人間を、
流れに棹さす問題分子とレッテル貼りをするような
組織風土になってはいないか。

民の声を、卑小なものと握りつぶしてしまう
勘違い担当者や管理者が潜んではいないか。

見て見ぬふりをしていれば、
いつの間にか時が解決してくれるような幸運が
そういつまで続くわけがないのだ

KYなどという、同意強制的な言葉に
まともな組織が振り回されるべきではない。

結果的に大したことではなかったとしても、
事前に手を打ったことは決してムダにはなるまい。
いい訓練になったと思えばよいではないか。

事後措置よりも事前予防が大事。
対策に走り回れる者よりも、
思い切って警告を発することが出来る者こそを
重用すべきなのに。

それが未だに出来ていない
今の日本社会の歯がゆさと情けなさ。

これじゃあリスクマネジメントなんて
まだまだだ。



ユーザレビュー:
災害にあったときの心 ...
防災とは単に防災道具 ...
普段から自分を守る知 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
事後措置よりも事前予防を 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる