言の葉ブログ(名言ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ジジ臭さに染められるな

<<   作成日時 : 2011/01/22 19:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

すべての法律は
老人と男性によって作られている。
若者と女性は例外を欲し、
老人は規則を欲する。


ドイツの詩人、哲学者である
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの言葉。

なんでも規則にすれば
万事解決すると思うのは
一つの社会的な病いではないだろうか。

「規則にないじゃないか」と
あら探しをする人間に対して、
とりあえず口を塞ぐためにルール化する。

「そこに書いてあるでしょ!」と
掲示文を指差して済まそうとする。

「これは決まりですから」と
相手の事情を鑑みずに拒否する。

世の中の人間が
ずいぶん面倒くさがりやになったと
思わないだろうか?

先ほどは社会の「病い」と言ったが、
実は「老い」なのではないかと
思い始めている。

ゆっくり時間をかけて
人に説明し納得させる手間を惜しむ。

相手の気持ちや事情に合わせて
自分の物言いや態度を変えるのが
面倒くさい。

出来れば最小限度の手間で
相手を説き伏せてその場を済ましたい。
自分を変えることなく
やってきたことを正当化し従わせたい。

自分は一歩も1ミリも動きたくない。

それには、規則化してしまえばいい。
それが自分の家や町内にとどまらず、
市町村から都道府県になり、
やがて国の法律になっていく。

そうなれば、今の日本なら
老人と男性の思うがままになるはずだ。

実際その通りではないか。
若者や女性をまじめに保護する
法律なんてどのくらいある?

若者から搾取し続け
女性の心身をずたずたにしても
最後に守られるのは
いつもオジイサンたちだ。

自らが危なくても
賢い弁護士が寄ってたかって守ってくれる。
そういう財力や人脈をもつのも老人だ。

だが、それによって出来上がった社会の
融通が利かず、風通しの悪い、
澱んだこのジジ臭さはどうだ。

今の日本社会は、オジイサン方にとって
自分たちだけに都合の良い規則に守られた
理想郷なのである。

高齢化社会は、つまるところ老人肯定社会だ。
動けない老人が
動ける若者や元気になってきた女性を
規則で縛りあげることによって
自分たちの立場を盤石にしている。

このジジ臭き社会に、
さらに古き良き習慣を守ろう、
老人を大事にしようなどという歌が流行る。

『トイレの神様』なんて
40代以上の人間にしてみれば
昔から親兄弟から言われたことの
焼き直しに過ぎないと思うのだが…

それはともかく。

「昔は良かった」なんて信じちゃダメだ。
過去を美化するのに手を貸しちゃいけない。
そこまでお人好しになっても何も見返りはない。

大体、日本の伝統や環境をぶち壊してきたのは
当のジイサマたちじゃないか。
高度成長の名の下に、
お金以外のものを無視してきたんじゃないか。

それが何を今さら。偽善も甚だしい。

若者も女性も、よくよく気をつけないと、
加齢臭をまとった彼らに染められるゾ。

国は老いてもしょうがないが、
あなたたちまでジジ臭くならなくていいのだ。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 若者殺しの時代 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジジ臭さに染められるな 言の葉ブログ(名言ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる